ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第7日

【野村 3-7 松山商業】松山商、序盤に主導権 野村7回に意地の2点

2018年7月19日(木)(愛媛新聞)

【野村―松山商】3回裏松山商1死三塁、黒田が左前に適時打を放ち2―1と勝ち越す=坊っちゃんスタジアム

【野村―松山商】3回裏松山商1死三塁、黒田が左前に適時打を放ち2―1と勝ち越す=坊っちゃんスタジアム

<坊っちゃんスタジアム 2回戦(8時58分)>

 【評】序盤で逆転した松山商が主導権を握った。同点の三回、黒田と久保田の適時打で3点を勝ち越し。八回にも桧垣、谷の連続タイムリーで突き放した。先発入川は9回3失点、10奪三振の力投をみせた。

 野村は1―4の七回、2死二、三塁で宮川が2点適時打を放って1点差に迫ったが、届かなかった。

 

 ◆被災者に勇気を◆

 【松山商・久保田遊撃手】(三回に2点二塁打)「大洲市肱川の出身で、被災者に自分のプレーで勇気を与えたくて、絶対にここで点を決めようと思って打席に入った。粘り強い相手に自分たちの野球ができた」

 

 ◆打ち返す気持ちで◆

 【野村・宮川左翼手】(七回に2点適時打を放つ)「みんなでつくったチャンスだったので、4番として必ず打ち返すんだという強い気持ちで臨んだ。悔しさもあるが、どのチームにも負けない最高のチームだった」

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。