ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
825日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第6日

【川之石 0-6 済美】済美10奪三振で完封 川之石苦戦、遠いホーム

2018年7月18日(水)(愛媛新聞)

【川之石―済美】10奪三振、被安打2で完封した済美・山口直=西条ひうち球場

【川之石―済美】10奪三振、被安打2で完封した済美・山口直=西条ひうち球場

 <西条ひうち球場 2回戦(14時59分)>

 【評】済美の投打がかみ合った。初回、池内の適時打で先制。四回に矢野の適時三塁打などで3点を加えると、六、八回も長打攻勢で加点した。山口直は直球と変化球を巧みに使い分け、10奪三振で完封した。

 川之石は序盤から相手投手を打ちあぐねた。五回に単打から盗塁などで塁を進めたが、本塁が遠かった。

 

◆一戦一戦 大事に◆

 【済美・中井遊撃手】(2本の長打など3安打3打点)「ピッチャーが頑張っていたので少しでも助けようと思った。しっかり引きつけて捉えようとしたのが結果につながった。次からも一戦一戦大事に戦っていきたい」

 

◆対応難しかった◆

 【川之石・浜本主将】(2安打での完封負けに)「相手投手が思っていたより変化球が多く、対応が難しかった。負けて悔しいが、3年間、苦しい練習を乗り越えて最後までみんなで戦うことができて良かった」

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。