ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
426日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

西予・野村高、浸水影響 終業式前倒し

2018年7月18日(水)(愛媛新聞)

終業式で白木俊一校長の話を聞く野村高校の生徒=17日午前、西予市野村町阿下

終業式で白木俊一校長の話を聞く野村高校の生徒=17日午前、西予市野村町阿下

 愛媛県西予市野村町阿下の野村高校(227人)で17日、終業式があった。本来は20日の予定だったが野村高の地元は7日の肱川(宇和川)氾濫で浸水し、生活への深刻な影響が続いており前倒しした。生徒たちは自分たちを支えてくれる地域に今、そして将来に恩返しするために何ができるか考えながら、それぞれの夏休みに入った。

 白木俊一校長は式辞で「厳しい生活を強いられている人もいるのではと思う。遠慮なく相談してほしい」と呼び掛け。ボランティアに汗を流す生徒を各所で見たとし「自ら進んで行動する皆さんを誇りに思う。本当にありがとう」とねぎらった。ボランティア以外にも勉強や学校行事、部活動などに全力を尽くすことが高校生にもできることとし「一生懸命な姿が地域の人を励まし、地域に貢献することだと信じている」と語り掛けた。

 生徒会長の男子生徒(18)は「自宅が浸水した友達もいる。みんな友人の家や地域の片付けを手伝ったり、お年寄りを手助けしながら話し掛け心を和らげようとしたりしてきた。ボランティアはもちろん地域の人に恩返しできる大人になれるよう、それぞれの道で頑張りたい」と話した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。