ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

五輪・メダル獲得目指す

7人制ラグビー男子・日本代表候補、強化合宿

2018年7月17日(火)(愛媛新聞)

スキルアップを図る7人制ラグビーの日本代表候補の合宿=17日午後、松山市上野町

スキルアップを図る7人制ラグビーの日本代表候補の合宿=17日午後、松山市上野町

 2020年東京五輪の7人制ラグビー男子日本代表候補の強化合宿が17日、愛媛県松山市上野町の県総合運動公園で始まった。21日まで。

 選手14人を含む計18人が参加。19日には市内の小学校でタグラグビー教室を開くほか、21日には今秋の福井国体を目指す県選抜との練習試合も予定している。

 17日に到着した選手らは約1時間、汗を流した。全員で円陣を組んで気合を入れ、走り込んだほか、実践練習では容赦なく照りつける太陽の下、仲間と声を掛け合いながら楕円(だえん)球を追いかけた。

 日本代表は、五輪で初めて7人制を実施した16年リオデジャネイロ大会で、強豪ニュージーランドやフランスなどに勝利し、4位入賞を果たした。

 本村直樹選手(26)は東京大会ではメダルが目標とし「メンバー入りのためにも、一つ一つのプレーのレベルを上げていく。コミュニケーションを大切にしていきたい」と力を込めた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。