ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

西予・野村地域 県、洪水被害想定せず 肱川氾濫

2018年7月17日(火)(共同通信)

 西日本豪雨で肱川が氾濫して大規模な浸水被害が発生し、5人が犠牲となった西予市野村地域について、県が洪水被害を想定していなかったことが16日、県などへの取材で分かった。西予市も県策定の洪水浸水想定区域に基づく「洪水ハザードマップ」を作製していなかった。

 肱川の氾濫区域を管理する県河川課は「策定当時の詳しい経緯は分からないが、上流に野村ダムがあり、大量の水が流れ込む危険性を想定できなかったのではないか」と説明した。

 河川を管理する都道府県は水防法に基づき、洪水時に相当な損害が懸念される河川を指定でき、浸水想定区域を定める。7日に氾濫した肱川では、ダムより上流の別の地区は想定区域となっていたが、ダム下流の野村地域は区域外だった。

 西予市では、野村ダムの貯水位がピークに達した7日、最大毎秒約1800トンが放流された。その後に浸水被害が起きたことから、一部の住民から疑問の声が上がっていた。

 県は浸水想定区域の策定について「今後の検証結果を踏まえ、対応を検討する」としている。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。