ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
926日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2リーグ・第23節

愛媛 被災地へ勇姿 四国ダービー3年ぶり勝利 徳島に1―0

2018年7月16日(月)(愛媛新聞)

【愛媛FC―徳島】後半44分、ゴールを決め、喜ぶ愛媛FC・有田(右から2人目)=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

【愛媛FC―徳島】後半44分、ゴールを決め、喜ぶ愛媛FC・有田(右から2人目)=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

 

【愛媛FC―徳島】後半44分、ゴールを決め、喜ぶ愛媛FC・有田(右から2人目)=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

【愛媛FC―徳島】後半44分、ゴールを決め、喜ぶ愛媛FC・有田(右から2人目)=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

 

 明治安田J2リーグは15日、第23節の8試合を行った。愛媛FCは県総合運動公園ニンジニアスタジアムで徳島との四国ダービーを戦い、1―0で勝利した。通算成績は5勝6分け12敗(勝ち点21)で順位は20位のまま。四国ダービーの勝利は2015年以来6試合ぶり。J2昇格後のダービー通算成績は9勝5分け16敗となった。

 愛媛FCは後半44分に有田が決めた1点を守りきった。徳島は3試合ぶりの黒星で15位。

 愛媛FCは次節、21日午後7時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで岡山と対戦する。

 

 【評】愛媛FCが徳島の攻撃を耐えて勝利した。

 立ち上がりに主導権を握ったが、徐々に相手の攻勢にさらされた。セットプレーなどからピンチを招いたが、岡本の好セーブでしのいだ。

 後半も徳島の猛攻を受けたが、44分に有田がミドルシュートを決めて先制。そのまま逃げ切った。

 

◆最後まで諦めず◆

 【愛媛FC・川井監督の話】ホームで勝てて非常にうれしい。選手には被災された方々に背中でメッセージを送るよう伝え、100パーセント以上の力を出して戦ってくれた。相手に押されていたが、最後まで諦めなかった。

 

◆運に左右された◆

 【徳島・ロドリゲス監督の話】前後半とも数多くのチャンスをつくり、決定機もあったが決めきれなかった。最後の1本しかシュートを打たれたイメージはないが、愛媛が勝ち点3を持っていった。運に左右された。

 

◆熱持ってプレー◆

 【愛媛FC・神谷】(第14節以来9試合ぶりに復帰)「豪雨で被災した人たちに、ピッチで頑張る姿を見せて勇気を与えたかった。みんなが熱を持ってプレーした。体力的にはまだまだ。次の試合でベストに持っていきたい」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。