ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
816日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

西日本豪雨災害

「激甚災害」指定見込み 首相が表明

2018年7月15日(日)(愛媛新聞)

 安倍晋三首相は15日、首相官邸であった政府の非常災害対策本部の第7回会議で、豪雨による西日本各地の甚大な被害状況を踏まえ「激甚災害」に指定する見込みになったと述べた。

 政府が中央防災会議の意見を踏まえ政令で激甚災害に指定すると、道路や河川などの公共土木施設、農地や農林水産業共同利用施設などの災害復旧事業で、国庫補助率が1~2割程度引き上げられる。また、中小企業の被害に対し、災害復旧貸付などの支援措置が適用される。

 安倍首相は「被災自治体に、財政的に心配することなく安心して災害復旧に迅速に取り組んでもらい、被災者が一日も早く安心して暮らせる生活を取り戻すことができるよう全力を尽くす」と述べた。

 愛媛県の中村時広知事や県選出の自民党国会議員団なども、安倍首相に激甚災害の早期指定を要望していた。

 また、15日から行政が民間賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設」の入居者募集が始まるとして、安倍首相は閣僚に「生活再建、なりわいの再建に一刻も早く道筋をつけるため、全力を尽くしてほしい」と指示した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。