ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1119日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

水泳・四国高校選手権

八幡浜(女子400M)大会新V、女子50自由形は県勢同着1位

2018年7月15日(日)(愛媛新聞)

【女子400メートルリレー決勝】大会新記録で優勝した八幡浜のアンカー・三好=アクアパレットまつやま

【女子400メートルリレー決勝】大会新記録で優勝した八幡浜のアンカー・三好=アクアパレットまつやま

女子50メートル自由形決勝で同着1位となった岩間薫乃(新田、左)と菅原千博(松山北)=アクアパレットまつやま

女子50メートル自由形決勝で同着1位となった岩間薫乃(新田、左)と菅原千博(松山北)=アクアパレットまつやま

森貞智太

森貞智太

市川薫

市川薫

山村涼乃

山村涼乃

 水泳の四国高校選手権第1日は14日、松山市のアクアパレットまつやまで男女計16種目の決勝などを行い、愛媛勢は女子400メートルリレーで八幡浜が3分59秒38の大会新で優勝を果たした。

 男子は1500メートル自由形で森貞智太(新田)が16分14秒95、200メートル背泳ぎで市川薫(八幡浜)が2分7秒30でともに頂点に立った。400メートルリレーは3分37秒78で新田が制した。

 女子は、50メートル自由形で岩間薫乃(新田)と菅原千博(松山北)が26秒95で同着1位。200メートル自由形は山村涼乃(宇和島東)が2分8秒99、200メートル背泳ぎは秀野由光(新田)が2分15秒33、200メートルバタフライでは平田美幸(八幡浜)が2分16秒39でそれぞれ制した。

 3位以内と標準記録を突破した選手は、8月17日から名古屋市で行われるインターハイの出場権を得る。愛媛勢は男子6人、女子11人、リレーは男女3校が出場権を獲得した。

 

◆県高校新記録狙う◆

 【新田・森貞選手】(男子1500メートル自由形を自己ベストで優勝)「3年間お世話になった水泳部顧問の誕生日に、最高の結果で恩返しできてうれしい。練習通り自分のペースで泳げた。全国では県高校新記録を狙う」

 

◆全国で力出し切る◆

 【八幡浜・市川選手】(男子200メートル背泳ぎで優勝)「最低でも標準記録は切りたかったのでうれしい。1年生なのでなかなか(上級生には)かなわないと思うが、全国では力を出し切って一つでもいい順位を狙いたい」

◆練習通りに泳げた◆

 【宇和島東・山村選手】(女子200メートル自由形で初優勝)「ペース配分など練習してきた内容通りに泳げたし、目標だった2分8秒台が出せた。優勝できて夢のよう。インターハイではベストを出すことが目標」

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。