ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
921日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第3日

【今治東 7-2 今治南】今治東が着実に加点 今治南、長打攻勢届かず

2018年7月15日(日)(愛媛新聞)

【今治南―今治東】5回表今治東2死満塁、小池が右中間へ3点適時三塁打を放つ=今治球場

【今治南―今治東】5回表今治東2死満塁、小池が右中間へ3点適時三塁打を放つ=今治球場

<今治球場>(8時57分)

 【評】今治東が中盤までのリードを守り切った。二回、宮田の三塁打や渡部の適時打などで先制。五回には2死満塁から小池が3点三塁打で突き放した。小池は長打を浴びても崩れず、4安打2失点で完投した。

 今治南は二回、畔地が適時三塁打を放ち、七回にも檜垣の二塁打から1点を返したが、及ばなかった。

 

◆友人の分も勝つ◆

 【今治東・小池主将】(五回2死満塁で3点三塁打。今治対決を制し)「前の打席はゴロと併殺だったので、チャンスで打てて良かった。中学まで一緒に野球をした今治南の友人たちの分も勝ち進んで、強豪校に立ち向かう」

 

◆一番長い夏に◆

 【今治南・織田主将】(初戦敗退に涙)「大量失点のピンチを1点に抑えるなど、全員があきらめない気持ちで挑めた。五回の無死満塁も2死まで持ち込んだが3失点は悔しかった。今治東には愛媛で一番長い夏にしてほしい」

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。