ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
819日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

「応援が力」来場呼び掛け

愛媛FC・西田主将、久万小児童と交流

2018年7月14日(土)(愛媛新聞)

軽快なリフティングを披露する西田選手(右)

軽快なリフティングを披露する西田選手(右)

 サッカーJ2愛媛FCの主将、西田剛選手(31)が12日、久万高原町上野尻の久万小学校を訪れ、5、6年生約30人と交流した。

 21日に松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアムで行われる岡山戦で久万高原町がマッチタウンであることから、PRのため来町した。

 西田選手は軽快なリフティングを披露。児童3人とのパス交換では、ボールを落とさないように気を付けながら、ボールを蹴り合った。参加児童全員がゴール前に立ち、西田選手のシュートを体験する場面もあった。

 「応援が力になる」と試合に来てほしいと呼び掛けた西田選手は「みんなには可能性しかない。目標や夢に向かって頑張って」と激励した。

 低学年の頃からサッカーを習っているという5年の男子児童(10)は「シュートが強くてびっくり。試合では、相手選手を抜くドリブルやシュートを決めてほしい」と声を弾ませていた。

 畑野川小学校や河野忠康町長も訪問した。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。