ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1113日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第2日

【松山中央 9-4 三瓶】松山中央、終盤集中打 三瓶追い上げ 力尽きる

2018年7月14日(土)(愛媛新聞)

【松山中央―三瓶】7回表松山中央2死一、三塁、拝志が中前へ2点適時打を放ち5―3と勝ち越す=丸山公園野球場

【松山中央―三瓶】7回表松山中央2死一、三塁、拝志が中前へ2点適時打を放ち5―3と勝ち越す=丸山公園野球場

<丸山公園野球場 1回戦(12時31分)>

 【評】松山中央が終盤の集中打で三瓶を突き放した。

 同点とされた直後の七回に二死1、3塁で拝志が2点適時打。さらに田村の左前打で1点を加えた。九回にも3点を奪って試合を決めた。先発客は10奪三振と好投した。

 三瓶は七回に井上璃、高橋の連打で2点差に詰め寄ったが、再び引き離された。

 

◆何とかしたかった◆

 【松山中央・拝志一塁手】(七回に勝ち越し中前適時打を放つ)「先発の客が頑張ってくれていたし、前の回に追い付かれていたので、何とかしたいという思いがあった。自分で打つことができてよかった」

 

◆全てを出し切れた◆

 【三瓶・堀内投手(先発し力投)】「6月から先発投手を任され、自分のできるプレーを丁寧に、精いっぱいやろうと練習してきた。打たせて取るピッチングを心掛けながら投げ、全てを出し切れたと思う」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。