ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新聞づくり体験学習講座

垣生中(松山市)1年 「環境新聞」をつくろう

2018年7月12日(木)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 

 松山市の垣生中学校で12日、1年生4クラス126人を対象に「環境新聞づくり」講座を開き、新聞づくりのノウハウを生かした学習成果のまとめ方などを伝えました。1年生は5月から調べてきた環境問題について記事に書いたり、図表を添えたりして各自がA3サイズの新聞に仕上げ、11月の文化祭で披露します。午前中、2クラスずつ順番に実施しました。

 講座は、一般の新聞の紙面構成の説明から始まり、生徒各自がつくる紙面のイメージづけ、記事の基本の解説、リードの作成、記事の書き分けのための項目整理、記事の書き方の説明、見出しづくり、レイアウトの流れで質疑応答、実践練習などを交えながら進めました。

 記事書き分けのための項目整理では、生徒がそれぞれのテーマで調べた内容のなかから、記事にする項目を2~3抽出しました。列車のトンネル出口周辺に大きな発破音などを発生させるトンネル微気圧波がテーマの生徒は、記事①で「微気圧波とは」記事②で「その対策」を取り上げ、フリースペースには仕組みを図解する、と発表しました。

 外来生物をテーマに用意したサンプル記事を参考に見出しづくりも練習。記事の中から「何がどうした」などの内容を端的に表すキーワードを見つけ出し、それらを組み合わせて見出しをつけるという見出しづくりのポイントを解説。生徒は主見出しで「外来生物問題が深刻化」、脇見出しに「被害防ぐ3原則守ろう」などととり、コツをつかんでいました。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。