ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1115日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

懸命に戦う 玉林睦実

2018年7月13日(金)(愛媛新聞)

チーム練習後に砂浜でダッシュする玉林睦実

チーム練習後に砂浜でダッシュする玉林睦実

 12日、愛フィールド梅津寺近くの海岸。打ち寄せる波に海水浴客がはしゃぐのを遠目に、真っ黒に日焼けした男が黙々とダッシュしている。チーム練習が終わり、ほとんどの選手が引き揚げても、DF玉林睦実は額に汗を浮かべ、歯を食いしばっていた。

 宇和島市出身。豪雨で市内の吉田地域や、よく釣りに出かけたという西予市野村地域が大きな被害を受けた。10日にはチームで西予市へボランティアに赴き「心が痛い。助けになることが一番と思って行った。疲れはない」。砂浜での鍛錬は「いつものこと」と言ったが、並々ならぬ気迫がにじみ出ていた。

 玉林は2007年に中国リーグを戦っていた現J2岡山に入り、チームとともにプロへの階段を上った。諦めず、地道に努力を積み重ね、はい上がってきた生きざまは、難局から立ち上がろうとする愛媛の現状と重なる。

 「このタイミングで四国ダービーがあるのは何か意味がある。みんなの力になりたい」。いつも玉林は走って、つぶれて、泥くさく勝利を目指す。派手ではない。だが今はその懸命な姿勢こそが、心に響く。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。