ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
422日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

県内ライフラインの現状 伊予市―宇和島 見合わせ続く

2018年7月12日(木)(愛媛新聞)

給水タンクから供給を受ける住民ら=9日午前9時45分ごろ、宇和島市三間町務田

給水タンクから供給を受ける住民ら=9日午前9時45分ごろ、宇和島市三間町務田

 JR四国は11日、運転を見合わせていた予讃線の特急「しおかぜ」「いしづち」を本数を減らして再開した。ただ香川県三豊市の鉄橋が被災しているため、観音寺―多度津間はバス輸送をしている。復旧には早くても1カ月かかる見込み。

 愛媛県内は南予を中心に線路への土砂流入などの被害が30カ所以上で確認され、伊予市―宇和島間で運転見合わせが続いている。

 JR四国が11日発表した各区間の再開時期の見込み(復旧工事が順調に進んだ場合の最短期間)は次の通り。

 【予讃線】伊予市―八幡浜(山回り)=10日後▽伊予市―伊予大洲(海回り)=2カ月後▽八幡浜―卯之町=1カ月後▽卯之町―宇和島=相当な期間

 【予土線】宇和島―高知・窪川=2カ月後

 

 全面通行止めの主な高速道路・国道・県道は次の通り

 

 

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。