ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
717日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

愛媛県知事、不明者の発見全力対応指示

2018年7月10日(火)(愛媛新聞)

 豪雨災害を受け、第6回愛媛県災害対策本部会議が9日夜、県庁であった。本部長の中村時広知事が行方不明者の発見に全力を尽くすほか、長期化が懸念される被災者の避難所生活に細心の注意を払いながら対応するよう指示した。

 県幹部のほか県警、自衛隊などの関係者が出席。人的被害や各機関の行方不明者捜索や給水支援などの状況を報告した。

 県教育委員会は文化財関連の被害として松山城(松山市)の登山道や、能島城跡(今治市)などで土砂崩れや斜面崩落が発生しているとした。県公営企業管理局は、肱川発電所(大洲市)で建屋内の浸水により、発電機などがほぼ全損し、長期間の発電停止が必至だと報告した。

 県消防防災ヘリコプターなどによる上空からの状況確認が可能になったとして、中村知事は「一刻も早く全容解明をしていきたい」と強調した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。