ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
718日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

今治・西予・宇和島【ボランティア】

社会福祉協議会、ボランティア受け入れへ

2018年7月10日(火)(愛媛新聞)

 豪雨災害を受けたボランティアの受け入れに向け、今治、西予、宇和島3市の社会福祉協議会が9日、災害のボランティアセンターを立ち上げた。宇和島市は同時に市民を対象にボランティアの受け付けを始め、西予市は11日から市内在住者を対象に募集する方針。今治市は被災者の支援ニーズを聞き取るなどしている。

 ほかに大洲市の社協は10日にセンターを開設し、本格的な募集を開始する予定。鬼北町は設置を検討している。

 県社協(松山市)も9日、県災害ボランティアセンターを立ち上げた。情報発信や資機材の提供などで、ボランティア募集の直接の窓口になる各市町のセンターを後方支援する。

 県社協の担当者はボランティアの心構えについて、自己完結が原則で、食料や水などを確保して参加するようアドバイス。各市町の募集状況を確認し、活動の際には「被災者の生活再建が一番」ということに留意してほしいとした。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。