ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
722日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

読者が選ぶ夏の「名勝負」 えひめ高校野球 全国春90回・夏100回大会

1986年 準決勝 松山商9―1八幡浜 菊池薫(58)=大阪市

2018年7月8日(日)(愛媛新聞)

 「ボール!」。主審のコールが球場に響いた。わが母校八幡浜が1―2で迎えた8回表、松山商の攻撃。2死満塁、フルカウントからのこの1球で、投手の緊張の糸が切れたかのように追加点を奪われ、1―9で敗れた。三塁上で天を見上げるいとこを見て涙した私。実質上の決勝戦らしく手に汗握るシーンの連続。よく耐えたが、最後は夏将軍の執念に負けた。この後、松山商は甲子園で準優勝を果たした。この敗北が2004年の選抜大会初出場につながったと思う。球児の努力、ひたむきさは後輩に引き継がれ結実するのだと実感した。 

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。