ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
921日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

現役高校野球監督・部長が選ぶ 愛媛大会名勝負ベスト10

<10>15年決勝 今治西―小松 継投小刻み 攻勢しのぐ

2018年7月8日(日)(愛媛新聞)

5回途中から登板し、2失点で優勝をたぐり寄せた今治西・杉内=2015年7月27日、坊っちゃんスタジアム

5回途中から登板し、2失点で優勝をたぐり寄せた今治西・杉内=2015年7月27日、坊っちゃんスタジアム

 今治西が小刻みな継投で小松の攻勢を抑え、中盤以降の勝ち越しにつなげた。

 今治西は三回無死一、二塁のピンチで先発藤原睦から秋川にスイッチ。五回1死二、三塁は再登板した藤原睦から杉内にリレーしてしのぎきった。

 打線は同点の六回、山内の左前適時打などで2点を勝ち越し、七回にも秋川のタイムリーで1点を加えた。

 小松は1-4の七回、山下の二塁打を口火に高砂と植田の適時打で2点を返した。しかし、三~六回に再三つくったチャンスや、八回無死三塁の同点機に一本が出ず、松井、早柏の粘投に応えられなかった。

=おわり

 

【アンケートの声】

 【東予の部長】 春の甲子園で制球難に陥った杉内が見事に復活し、甲子園出場を決めた試合。

 【東予の部長】 小松の追い上げを振り切って今治西がゲームセットを迎えた。

 

 ▽決勝

123456789
今治西0010021004
小松1000002003

 

 

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。