ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

聖カタリナ学園高校野球部 投手陣成長、守備も改善

2018年7月7日(土)(愛媛新聞)

 

砂の入ったボールをバットの芯で捉える練習をする聖カタリナ学園の選手=聖カタリナ学園北条セミナーハウスグラウンド

砂の入ったボールをバットの芯で捉える練習をする聖カタリナ学園の選手=聖カタリナ学園北条セミナーハウスグラウンド

 

 自慢の得点力で春の県大会を初制覇、四国大会でも準優勝を果たした。課題だった守りを改善し、投手陣も力をつけてきている。

 エース新保は直球が最速142キロまで伸び、変化球の使い方が上達したことで引き出しが増えた。2番手田中択はキレのあるストレートに変化球を織り交ぜ、打たせて取る。2年生の左腕宇都宮は安定感が増すなど急成長中。野手は、捕手大森らセンターラインを中心に粘り強く守る。

 打線の要は中軸の兵頭、大森、伊藤。4番大森はチームトップの打率を誇り、前後を固める兵頭、伊藤は一発が狙える。上位はセンスが光る加形が出塁し玉井が足で揺さぶる。下位も広角に打てる竹田、長打もある田中翔らが並ぶ。

 

 【新保雄太郎主将】 「野球王国愛媛」の100回目の夏を戦えることに感謝し、挑戦者として頂点を目指します。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。