ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

松山聖陵高校野球部 新戦力台頭、頂点目指す

2018年7月7日(土)(愛媛新聞)

 

体幹と足腰を鍛えるため、坂道で丸太を抱えて全力ダッシュする松山聖陵の選手=松山市久万ノ台

体幹と足腰を鍛えるため、坂道で丸太を抱えて全力ダッシュする松山聖陵の選手=松山市久万ノ台

 

 選抜大会以降の不調を乗り越え、徐々に持ち直している。新戦力も台頭しており、総力戦で2度目の頂点を目指す。

 チームの軸はエース土居。140キロ後半の直球に、カーブやスライダーなど複数の変化球を織り交ぜる。夏に向けてボールのキレが増し、調子も上がっている。後続もサウスポー前里、右横手投げの隅田や中村と充実している。1年生の正捕手岸田が冷静なリードで引っ張る。春先にショートへコンバートした真栄城を中心に、守備の安定感が増してきた。

 打線は機動力を生かして得点につなげる。リードオフマン真栄城を筆頭に、走攻守そろう富里やチャンスに強い今村でリードを広げたい。

 

 【真栄城隆広主将】 夏の大会では、今までお世話になった人への感謝を甲子園という結果で恩返しできるよう全力で頑張ります。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。