ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

宇和島東高校野球部 打撃陣の頑張り 鍵握る

2018年7月5日(木)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 ダブルエースの内田、菊池ら投手陣が守備からリズムをつくって攻撃につなげる。

 内田は春以降、メンタル面を強化したことで制球力を身につけた。最速138キロのストレートを生かした強気なピッチングで打者を押し切る。菊池は、内外角を投げ分けられるコントロールの良さと変化球を武器に粘り強く試合をつくる。両者の持ち味を最大限引き出すリードを担うのが捕手上甲。強肩を生かした盗塁阻止でも貢献する。

 投手陣の計算が立つだけに、打撃陣の頑張りが勝敗の鍵。勝負どころで力を発揮する橋本が3番。続く上甲は長打力がつき、一発も狙える。村上はバットコントロールに優れ、内田は意外性がある。

 

 【橋本玲主将】私たちは、打撃力、守備力を高め、鍛えてきました。大会ではこの力を最大限発揮し、甲子園に出場します。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。