ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

大洲高校野球部 走攻守で粘り強さ発揮

2018年7月3日(火)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 1年生が10人入り、部内に活気が出てきた。走攻守で粘り強さを発揮して勝機を見いだす。

 投手陣は切れのある直球が魅力の主将谷田と、大きなカーブとスライダーを使い分ける技巧派小川の二枚看板。2人とも完投能力がある。

 攻撃はパンチ力のある矢野健を筆頭に、状況に応じた打ち分けができる小川、パワーがあり勝負強い谷田らがそろう。打順は5番以降は流動的になりそう。短打をこつこつと積み重ね、点に結びつけていきたい。

 内野は遊撃手が固定しきれない状況が続き、捕手の故障なども重なったが、復調を待ちつつ全員で補う。外野は守備範囲が広く強肩の矢野健が軸を担う。

【谷田祐翔主将】

 全力プレーを目標に、数少ないチャンスを生かして勝利をつかみ、ベスト8以上を目指して頑張ります。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。