ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1119日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

小田高校野球部 特徴異なる投手で継投

2018年7月3日(火)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 全部員で10人という小さな所帯だが、毎日球場を使用できる環境を生かして実戦的な練習を積んできた。主将の横田、樽古の3年生2人が中心となり、打ち勝つ野球を目標に掲げる。

 先頭打者を務める樽古は、長打力と機動力を兼ね備える。チャンスにも強く、しぶとく粘って出塁する。4番に座る横田は広角に打ち分けられるのが持ち味。盗塁の失敗が少なく、好機を広げる力もある。下位打線に好調な選手が生まれるかどうかが鍵になる。

 守備はエースの樽古を中心とした継投が基本。樽古は大きく曲がるカーブと直球を織り交ぜて打たせて取るタイプ。左腕の大鍋、右横手投げの水口と特徴の異なる投手陣を、適材適所に起用したい。

【横田拓巳主将】

 どんなに不利な状況でも、「一致団結」の精神を胸に、全員一丸となって全力を尽くして闘います。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。