ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
919日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

松山城南高校野球部 主戦スプリットで勝負

2018年7月2日(月)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 ベスト8以上を目標に1、2年生が主体となってチームを引っ張る。

 石川、芝ら投手陣を軸に守備から試合を組み立てる。主戦石川はボールを低めに集め切れのあるスプリットで勝負。芝は制球力と変化球を生かし打たせて取る。野手陣は遊撃手堀内が中心となり、堅実な守りでもり立てる。

 攻撃は選球眼を鍛えたことで確実なバッティングができるようになった。先頭の堀内、2番兵頭ともに足を絡めてチャンスメーク。3番を任される1年生松尾颯はバットコントロールが良く、広角に打ち分けられる。パワーがあり長打が打てる佐久間が4番、渡辺が5番に座る。下位は7番村上のパンチ力のある打撃を生かしたい。

 

 【村上海斗主将】自分たちはバントやエンドランなどを使い点を取っていくチームです。一戦一勝で勝ち進んでいきます。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。