ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1119日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

済美平成中等教育学校野球部 守り起点 好機をものに

2018年7月2日(月)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 1年生が試合に慣れ、全体が活気づく。6年間ともにプレーした3年生7人を中心に、粘りの守りを起点に好機をものにする。

 投手は右上手でストレートに伸びがある3年篠原、ともに左上手で1年の変化球に切れがある広末、丁寧にコーナーをついて打たせて取る徳永の3本柱。場合によっては継投も考えられる。

 打線はそれぞれの個性が光る。打率が高い岡本、足が速く出塁率の高い中森を中心にこつこつ点を稼ぎたい。守備は遊撃もこなす篠原を中心にアウトを取っていく。

 3年生は1年から試合に出て経験値を上げ、接戦も増えてきた。スイングスピードも上がっており、初戦を取って花を咲かせたい。

 

 【山岡宗恭主将】今年のチームの特長は、個性の強さと終盤の粘りです。個性をうまく生かし、創部初の2勝を目指します。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。