ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

松山工業高校野球部 歴代トップ 打撃に自信

2018年7月1日(日)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 打力と走力を生かした攻撃力がチームカラー。特に打撃は4割打者が複数人おり、歴代トップといえる。6点以上取ることを目標に強化してきた。昨夏からスタメンだった1番織田からの上位をはじめ、経験豊かな3年生で層が厚い。昨年本塁打ゼロだった3番石田は、この4カ月で6本を放ち長打力がある。

 投手はアンダースローのエース冨永を中心に、左オーバー藤村、右オーバー中島の3年生3枚に2年中村が控える。相手の状況を見極めての起用が鍵となる。センターラインは経験豊富な石田、織田を中心に引き締まっている。

 県内外の強豪校と試合を重ね、実戦力もついてきた。4強以上を念頭に練習に前向きに取り組む。

 

 【織田凌生主将】 僕たちは試合の流れをつかみ、自分たちのペースで試合を進めて「松工旋風」を巻き起こします。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。