ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会一般質問 中政勝氏(公明)

子ども食堂普及図る 知事、セミナーや勉強会開催

2018年6月30日(土)(愛媛新聞)

中政勝氏(公明)

中政勝氏(公明)

 6月定例県議会は29日、一般質問を続け、石川稔(社民)中政勝(公明)大西誠(自民)3氏が獣医学部や子ども食堂、拉致問題などを取り上げた。30日、7月1日は休会。2日は中田広(自民志士・無所属)塩出崇(愛媛維新)福田剛(民主連合)3氏。

 

 -子ども食堂の現状は。普及に向け、どう取り組むか。

 中村知事 地域住民や社会福祉団体などが運営主体となり、県内では9市町23カ所で開設されている。食事提供だけでなく、学習支援の取り組みや高齢者参加といったさまざまな形態があり、子どもの居場所づくりや高齢者の見守り機能を併せ持つなど、地域のつながりの再構築にも資するものと考えている。

 一方で、安定運営のための食料調達や衛生管理などの課題も多い。県では本年度、子どもの貧困対策に取り組む団体や企業の社会貢献担当者らが参加するセミナーを開き、食堂の運営団体と応援企業を結びつけるほか、活動を始めようとする人を対象に実践的な勉強会も開く。地域で子育てを支え合う活動を積極的に支援することで、子ども食堂の普及と地域福祉の向上を図りたい。

 -学校の防災力向上への取り組みは。

 井上正教育長 学校の危機管理マニュアルの定期的な見直しや予告なし避難訓練の実施を要請するほか、学校の防災管理担当者への研修を行い、教職員防災士の養成を積極的に推進することにしている。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。