ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

今治工業高校野球部 頂点へ粘り強さに磨き

2018年6月29日(金)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 投手陣とセンターラインを中心に守りのチームに成長。春以降は実力校との練習試合を重ねて粘り強さを増し、頂点を目指す。

 エース檜垣柊は最速140キロ台の速球が武器で、スライダーの質も向上。カウントを整えつつ試合をつくる。2番手渡辺は低めに丁寧に集め、大崩れしない。捕手菊川が2人をうまくリードする。中堅手八木は強肩で打球への反応が良く、簡単に進塁させない。2年生の二塁手藤永、遊撃手渡辺も周囲がよく見えている。

 打線はこつこつ点を積み上げる。1番渡辺は選球眼がいい。春以降左打者の3番徳田、勝負強い4番菊川、積極的な5番檜垣柊に加え、8番八木も本塁打を打っている。下位打線にも意外性がある。

 

【菊川太陽主将】「全力疾走 全力発声」でグラウンドを駆け抜け、甲子園の切符をつかみ取ります。

 

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。