ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
920日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

丹原高校野球部 守備からリズム 持ち味

2018年6月28日(木)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 守備からリズムをつくり、攻撃へつなげるのが持ち味。歯車がかみ合えば大量得点も期待できる。

 冬場はバッティングフォームの改善などで打力向上に注力。安打数が増え、得点力もついてきた。

 トップバッターは出塁率の高い中本。チームを引っ張るキャプテン志賀、エース湯山、思い切りのいい松木を中軸に据える。飛躍的に伸びてきた藤本、確実性のある広田ら下位からも流れをつくることができる。

 守備は投手の湯山を核にセンターラインでしっかりと抑える。湯山は直球と変化球を組み合わせ、打たせて取る投球スタイル。2、3年生全員で投手練習に取り組んでおり、春以降は投手6人がしのぎを削る。

 【志賀颯主将】まずは攻撃で流れをつくり、守備に生かしていきたいです。守備面での課題をなくし、甲子園出場を目指します。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。