ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

新居浜高専野球部 コース突く2人の投手 

2018年6月27日(水)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 3年生が3人しかおらず、経験の少ない1、2年生の活躍が鍵を握る。練習ではこまめにプレーを止め、選手同士で話し合う「コミュニケーションタイム」を導入。自主性を養いつつ団結力を高めている。

 高橋と加藤が投手陣の二枚看板。高橋はチェンジアップを覚え、緩急をつけた攻めのピッチングを展開する。加藤はタイミングを外したスライダーで打者をかわす。2人とも捕手経験があり、丁寧にコースを突く。ほかに野手のワンポイント登板も視野に入れる。

 打撃はつながり重視。1年から試合に出ている村上がリードオフマン。高橋は長打力があり、塩崎は流し打ちを得意とする。1年生では十亀と近藤に期待がかかる。

 

 【四ツ田大和主将】 少人数で苦労したが、コミュニケーションを大事にして、全員の力を結集して戦い抜き、8強を目指します。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。