ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

川之江高校野球部 逆転負け、昨年の雪辱へ

2018年6月27日(水)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 昨年ベスト4。5点差を追い付かれ、延長の末に敗れた雪辱を果たし、甲子園出場を目指す。

 力強いスイングにさらに磨きをかける。昨年大会唯一のスタメンで長打力がある宇都、打力に安定感がある主将小南が打線の中心。打撃センスに優れ、足が速い柴垣の活躍にも期待がかかる。

 新チームから捕手に転向した石原は、しっかりと投手をリード。打っても安定感があり、チームのキープレーヤーだ。

 守備は本番までに全体の連係をさらに強める。投手はストレートにキレがある近藤が主戦。けがを乗り越え、球数も増えている。球筋のコントロールが良い大西も力をつけている。黒坂、鎗山も本番までに状態を上げたい。

 

【小南飛雄主将】守備からリズムをつくり、全員でつないで点を取りにいき、チーム一丸となって甲子園出場を勝ち取ります。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。