ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1113日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県6月補正予算案

「介護医療院」転換支援1550万

2018年6月19日(火)(愛媛新聞)

 県は6月補正予算案に、病院や診療所で高齢者らが長期入院する「医療療養病床」から、要介護者の医療や生活機能を兼ね備えた新たな施設「介護医療院」への転換支援に1550万円を計上。補正後の2018年度の関係予算額は計3470万円となる。

 国は医療療養病床の一部に関し、介護医療院やケアハウス、介護老人保健施設などへの転換を促し、国と保険者、県が負担した助成事業を設けている。

 県が6月補正予算案に盛り込んだのは、医療療養病床31床を転換して介護医療院を開設したくじら病院(八幡浜市)に関する事業。施設基準を満たすための整備費用を助成する。

 18年度当初予算では、今治セントラル病院(今治市)の介護老人保健施設への転換16床について1920万円を計上している。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。