ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校総体・競泳

八幡浜、女子リレー制覇 800メートルで県新

2018年6月18日(月)(愛媛新聞)

薬師寺康輔

薬師寺康輔

花山虹介

花山虹介

清水鼓哲

清水鼓哲

 第72回県高校総合体育大会の水泳(競泳)の最終日は17日、松山市のアクアパレットまつやまで男女計16種目の決勝などを行った。女子800メートルリレーで八幡浜が県記録を更新する8分40秒71をマーク。泉遥叶(八幡浜)は前日の女子400メートル個人メドレーに続き、200メートル個人メドレーでも2分20秒43の大会新記録を出した。

 男子では、200メートル個人メドレーで大内一晟(新田)が3連覇。100メートル背泳ぎでも優勝し、800メートルリレーや400メートルメドレーリレーなどと合わせて5冠となった。100メートル平泳ぎは薬師寺康輔(松山北)が3連覇。100メートルバタフライは清水鼓哲(南宇和)が連覇し、前日の50メートル自由形との2冠を達成した。400メートル自由形では花山虹介(松山北)が二つ目のタイトルを手にした。

 女子は100メートル自由形で菅原千博(松山北)、100メートルバタフライで平田美幸(八幡浜)、100メートル背泳ぎで秀野由光(新田)がそれぞれ連覇。平田と泉の八幡浜勢はリレー種目も制した。

 総合は、男子は新田が3年連続28度目、女子は八幡浜が13年ぶり4度目の優勝に輝いた。

 

◆後輩の泳ぎに刺激◆

 【松山北・薬師寺選手】(男子200メートル平泳ぎに続き100メートルも3連覇)「勝負できるタイムではないが3連覇は特別なのでうれしかった。直前に後輩の花山のレースを見て刺激を受けた。四国では1、2秒縮めて表彰台を狙う」

 

◆ペース配分できた◆

 【松山北・花山選手】(1年生。男子400メートル自由形を制し2冠)「前半は競り合いになったが、後半が勝負だと思ってペース配分できた。国体の参加標準記録を切れたのがうれしい。卒業までに兄の大会記録を抜きたい」

 

◆前半に攻められず◆

 【南宇和・清水選手】(男子100メートルバタフライで2連覇)「持ちタイムが1位だったので連覇は気にせずタイムを狙った。ただ、得意な前半であまり積極的に攻められなかった。四国大会までの改善点が見つかった」

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。