ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

北条スポーツセンター

小学生から50代、タグラグビーにチャレンジ

2018年6月18日(月)(愛媛新聞)

トライを目指し、腰のタグを取られないよう攻防を繰り広げる選手

トライを目指し、腰のタグを取られないよう攻防を繰り広げる選手

 安全にラグビーに親しんでもらおうと「第8回タグラグビーチャレンジin風早」(松山市文化・スポーツ振興財団主催)がこのほど、同市大浦の北条スポーツセンターであり、小学生から50代の約350人が楽しくグラウンドを駆け回った。

 タグラグビーはラグビーを基にした入門者向けの球技。選手はタックルの代わりに、腰に付けた2本の飾りひも「タグ」を取り合う。

 この日は初心者セミナーのほか、松山市を中心に集まった49チームが4部門でリーグ戦やトーナメント戦、交流戦を実施。観客の声援を受け、細かくパスを回してトライを決めたり、ボールを持って逃げる選手を追い詰めたりと熱戦を繰り広げた。

 大学生チームに果敢に挑んだ北条北中学校2年の中川竣介さん(14)は「タグラグビーは年齢が離れていても安全にできる。お互いしっかりプレーできて楽しかった」と汗を拭った。

 競技歴3年の北条小学校6年の宇高詩央さん(11)は「みんなで協力してトライを決めたときが気持ちいい」と充実した表情だった。

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。