ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1119日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

一歩目 川井健太監督

2018年6月16日(土)(愛媛新聞)

就任後初勝利を飾った川井健太監督=15日午前、松山市梅津寺町

就任後初勝利を飾った川井健太監督=15日午前、松山市梅津寺町

 大分戦の勝利は本当に大きなものだった。開幕以来お預けとなっていたホームでの勝ち点3。そして、不振の立て直しを請け負った川井健太監督の、J2初白星でもあった。

 うれしくないはずがない。だが、指揮官から単純な喜びの声は聞こえてこない。「僕にとっては42試合のうちの一つ。これでシーズンを1位で終われるわけでもない。一喜一憂はしていない」。冷静沈着に練習を見守る姿に、緩みは感じられない。

 代わりに聞こえたのは選手への思いだ。「一番刺激を与えられるのが勝利。選手たちがほっとしていることがうれしい」。苦しむ選手に再び自信を与える。その特効薬としての勝ち星に、何よりの意義を見いだす。

 「危機的状況を打破するため、全責任を負う」。就任時に語った決意の重みを考えれば、たった1勝に喜べないのは理解できる。選手に意識を向けるのも、この勝ちをどう上昇へとつなげるかに集中しているからだろう。

 37歳。トップチームの監督として、一歩を踏み出した。ここから描くのは、どこまで昇る愛媛FCの姿か。静かに見つめる先にあるものを、楽しみにしたい。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。