ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

狩人が狙うもの 竹嶋裕二

2018年6月15日(金)(愛媛新聞)

千葉戦に向け、練習にもいっそうの気合が入る竹嶋裕二

千葉戦に向け、練習にもいっそうの気合が入る竹嶋裕二

 19歳の視線は狩人のように、鋭く次のステップへと向けられている。J2千葉の下部組織から入団したルーキー竹嶋裕二。6日の天皇杯で公式戦初出場を果たし、10日の大分戦でベンチ入り。Jデビューの照準を「古里」での次節千葉戦に合わせ、懸命にアピールする。

 天皇杯水戸戦はボランチでフル出場。ピッチ上のハンターとして、何度もボールを奪取した。「練習試合とは比較にならない緊張感。負けたけど面白かった」とプロを相手に確かな手応えを得た。

 そして、大分戦で控えに名を連ねた。ベンチに入ったのは第3節以来だが、当時は故障者続出の非常措置でしかなかった。「天皇杯で持ち味を示せたからこそ。今回は出る可能性が十分あった」。チャンスをつかみかけている。その自覚が、ポジション争いへの闘志を奮い立たせる。

 今季の日程を知ったときから、「ここしかない」と千葉戦でのJ初出場を狙ってきた。「ここまでは思った通りでちょっと怖い。何とかメンバーに入って、愛媛の一員として全力で倒しにいきたい」。目の前にいるキャリア最初の大きな獲物を、仕留めることはできるか。

 

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。