ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

南海トラフ巨大地震を想定

宇和島署が災害対応訓練

2018年6月13日(水)(愛媛新聞)

救助したけが人を救急車に乗せる訓練参加者

救助したけが人を救急車に乗せる訓練参加者

 宇和島署はこのほど、南海トラフ巨大地震の発生を想定した災害対応訓練を実施した。署の災害警備本部の移設や宇和島消防署と連携したけが人救助などを通じ、非常時の対応を確認した。

 宇和島署員ら約100人が参加。午前7時に管内で震度6強の地震が起きたと想定。一斉メールを受け取った署員が宇和島市並松2丁目の同署に参集した。津波警報が発令され、海抜4メートルの署庁舎は浸水の恐れがあるとして資機材をリヤカーで運び、警備本部を海抜11メートル以上の官舎「うしおに寮」(同市川内)に移設。無線で現場からの被災状況報告を集約するなどした。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。