ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

済美高

OBの甲子園球児を取材 

2018年6月10日(日)(愛媛新聞ONLINE)

 

  松山の野球文化を地元3校の高校生記者が取材する催しが6月10日市内各所であり、済美高校新聞部の1年生4人は市坪西町の松山中央公園野球場(坊っちゃんスタジアム)で、元甲子園球児の同校OBらに話を聞きました。

 同球場は2000年に完成。両翼99.1メートル、中堅122メートル、電光式スコアボードを備え、3万人の収容能力があります。

 02年には四国初のプロ野球オールスター戦を開催。ヤクルトスワローズの古田敦也氏が2000本安打を記録したのは05年のことでした。

 球場では04年のセンバツで同校が初出場初優勝した時のメンバー新立和也さん(31)が高校生記者の質問に応じました。

 当時の思い出や、高校野球で得たことなどを聞かれた新立さんは、「よい思い出と辛い思い出の両方がある」「遠慮なくものを言える仲間ができた」などと答えていました。

 高校生記者は他校の生徒が取材する松山市営球場跡、子規記念博物館にも同行、その取材の模様をスマートフォンでも情報発信しました。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。