ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1023日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

地域の食文化体験

わら焼き挑戦、あちち! 愛南で子ども観光大使講座

2018年6月6日(水)(愛媛新聞)

カツオのわら焼き作りを体験する子どもら

カツオのわら焼き作りを体験する子どもら

 愛媛の魅力を発信できる子どもを育てる「えひめ子ども観光大使」の講座が2日、愛南町上大道の旧満倉小学校であった。東中南予から参加した児童25人が、同町を代表する魚カツオのわら焼きを体験し地域の食文化に触れた。

 教員の研究団体「TOSS愛媛」が2016年度から実施。県内唯一のカツオの水揚げ基地である同町鯆越の深浦漁港で前日に揚がった10匹を用意し、愛南グリーン・ツーリズム推進協議会のメンバー6人が講師で協力した。

 子どもらは講師の手ほどきを受けながら、カツオの三枚おろしに挑戦。「熱い」と声を出しながら、真っ赤に燃えるわらの火で切り身をあぶり、たたきを作って味わった。四国中央市から参加した寒川小4年の児童(9)は「体験は楽しくて、カツオは普段食べているものよりおいしい」と話した。

 5月に始まった18年度の講座には児童42人が登録。ちりめん漁(伊方町)や、タオル作り(今治市)など年8回の講座の内、三つ以上に参加し検定で合格すれば、認定証が贈られる。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。