ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

聖カタリナ17年連続王座

愛媛県高校総体・第4日、13競技を実施

2018年6月5日(火)(愛媛新聞)

 第72回愛媛県高校総合体育大会第4日は4日、松山市を中心に13競技を行い、バスケットボール女子は聖カタリナ学園が17年連続の王座に輝いた。

 ハンドボールは女子の今治東が8連覇を達成。ソフトテニス男子団体の済美、弓道女子団体の西条はそれぞれV5を飾った。ハンドボール男子の松山工、バレーボール女子の松山東雲は3年連続で優勝。弓道男子団体の今治工、ソフトテニス女子団体の川之石は2年続けて頂点に立った。

 ラグビーで12年ぶり、バレーボール男子は5年ぶりに新田が栄冠をつかんだ。バスケットボール男子は松山工が、登山男子は松山中央、ソフトボール女子で済美が2年ぶりに制した。

 陸上は、女子100メートル障害の玉井奈那(松山北)が14秒05の県高校新記録で頂点に立った。河添千秋(松山北)が女子三段跳びで、済美が女子1600メートルリレーで、それぞれ大会新記録を出した。

 サッカー男子の決勝は9日に県総合運動公園陸上競技場で、水泳は16、17の両日、松山市のアクアパレットまつやまで実施する。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。