ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

第72回

愛媛県高校総合体育大会 第3日

2018年6月4日(月)(愛媛新聞)

 第72回愛媛県高校総合体育大会第3日は3日、松山市を中心に24競技を行った。バドミントンは新田が女子で16年、男子でも12年連続で制した。卓球は女子の済美が10連覇、男子の松山商は4年続けて頂点に立った。

 ボクシングは新田がV4。アーチェリーは男子の今治東、女子の松山東雲とも3年続けて栄冠を手にした。ライフル射撃は伊予農が男女とも3年連続の優勝。ソフトボール男子の松山工、サッカー女子の宇和島南は、それぞれ2連覇した。重量挙げの新居浜工、なぎなたの今治東、新体操の済美も2年続けてタイトルを手にした。

 剣道男子の新田は7年ぶり、女子の済美は2年ぶりに王座を奪還。ボートの男子かじ付き4人スカルは新田が11年ぶりの戴冠、女子は松山東が3年連続で優勝した。空手男子は川之江が12年ぶり、女子は松山中央が2年続けて制した。

 陸上は、男子砲丸投げで久門大起(今治明徳)が15メートル63の大会新記録で優勝。男子400メートル障害の大舘侑弥(松山南)も52秒19の大会新をマークした。決勝を順延したテニスの女子団体は新田が2連覇を飾った。

 

 大会第4日の4日は13競技を実施する。

 

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。