ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
618日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

都市対抗野球

松山PX、初戦敗退 四国2次予選

2018年6月3日(日)(愛媛新聞)

【JR四国―松山PX】7回表、JR四国を初めて三者凡退に打ち取りベンチに引き揚げる松山PX・松井(右)=鳴門オロナミンC球場

【JR四国―松山PX】7回表、JR四国を初めて三者凡退に打ち取りベンチに引き揚げる松山PX・松井(右)=鳴門オロナミンC球場

 都市対抗野球四国予選第6日は2日、徳島県の鳴門オロナミンC球場で2次予選トーナメント1回戦を行った。松山フェニックス(PX、松山市)はJR四国(高松市)に0-7の八回コールドで敗退した。

 四国銀行(高知市)-アークバリア(高松市)は5-4で四国銀行がサヨナラ勝ちした。

 最終日は3日午前10時から同球場で四国銀行―JR四国の代表決定戦を行う。

 

▽2次予選トーナメント1回戦(13時9分)

123456789
JR四国(高松市)101400017
松山PX(松山市)000000000

(八回コールドゲーム)

▽本塁打 篠原、三好

▽二塁打 山下、佐藤、小林

▽犠打 J2(篠原、岩見)松0

▽盗塁 J1(岩見)松0

▽失策 J0、松1(田渕)

▽捕逸 小林

▽球審 大上

▽塁審 武田、栗栖、上田

▽試合時間 2時間13分

 【評】松山PXは投打に圧倒された。

 先発岩崎は初回に1死一塁から適時二塁打で先制を許すと、毎回安打を浴びて四回途中で降板した。リリーフした松井も本塁打2本を献上するなど、相手打線を止めることができなかった。

 打線は七回までに三者凡退を4度、散発の2安打に抑え込まれた。八回に池上、奥津の単打で2死一、三塁としたが、好機を生かせなかった。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。