ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
918日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

めざせ頂点 県高校総体戦力分析2018

<サッカー>男子・今治東中心に混戦/女子・堅守光る宇和島南

2018年5月29日(火)(愛媛新聞)

【サッカー】今治東中心に混戦 男子 堅守光る宇和島南 女子

 【男子】県新人を制した今治東を軸に混戦。今治東は看板のポゼッションサッカーを武器に、FW公文らがゴールへ迫る。宇和島東はMF立木を中心に、中学からのチームメートが多く息が合っている。プリンスリーグを戦う松山工も、プロ注目のGK伊藤らタレントぞろい。新田も選手層が厚く、攻守のバランスが良い。

 【女子】堅守の宇和島南がリードする。展開力のあるMF宇都宮が起点となり、決定力のあるFW赤松美らがゴールを仕留める。対抗する松山東雲は、MF米田やDF前川が攻守の中心となり、全員サッカーで立ち向かう。MF三浦、杯がチームの心臓となる南宇和もハードワークに定評があり、上位進出のチャンスがある。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。