ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
524日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

めざせ頂点 県高校総体戦力分析2018

<卓球>男子団体・松山商リード/女子団体・済美V10目指す

2018年5月28日(月)(愛媛新聞)

 【男子】団体は4連覇を目指す松山商が昨年の主力が残るなど頭一つ抜ける。新居浜工、今治北、松山北、宇和島東が追う。

 個人シングルスは、左利きで攻撃型の増本(松商)が本命。愛媛国体に出場した豊嶋大(松商)が続く。ダブルスはペア3年目の増本・豊嶋大組(松商)が飛び抜ける。山崎・三上組(松商)村上・渡辺組(今北)野村・中田組(東温)も上位をねらう。

 【女子】10連覇の懸かる済美を今治南、伊予農が追う。

 個人シングルスは、昨年の全国中学校大会で8強になった注目の1年木塚(済美)が独走か。全国大会で実績のある黒田、西原の済美勢が後を追う。ダブルスは粘り強いプレーが持ち味の木塚と国体強化選手の西原組、黒田・田淵組(以上済美)が競り合う。

 

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。