ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1215日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

めざせ頂点 県高校総体戦力分析2018

<テニス>男子団体・新田を3校が追う

2018年5月24日(木)(愛媛新聞)

【テニス 新田を3校が追う 男子団体 連覇狙う渡辺(新田) 女子シングルス】

 【男子】団体は愛媛国体に出場した本田、中村を擁する新田が大きくリード。第2~4シードの愛光、松山中央、今治西が追う。

 シングルスは混戦。新田の中村と片上はともに1年生で、順当に勝ち進めば準決勝で対戦する。昨年優勝した本田(新田)や山内(松南)も有力。

 ダブルスは本田・中村、金橋・片上の新田勢に、田野・中村(宇南)近藤・渡部(今西)が競り合う。

 【女子】団体はメンバーの総合力が高い新田が優勢。松山西も昨年の全日本ジュニアに出場した1年の本田を軸に安定感がある。今治南、松山中央も粒ぞろい。

 シングルスは渡辺(新田)が攻守ともに優れ、連覇に挑む。新田の浜永と吉井、沖野(済美)は力が拮抗(きっこう)している。ダブルスは渡辺・浜永(新田)がリード。佃・梅木(大農)らシード勢が続く。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。