ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1211日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

めざせ頂点 県高校総体戦力分析2018

<ボクシング>団体・新田4連覇目指す

2018年5月23日(水)(愛媛新聞)

「打てば打つほど上達する」。限られた時間の中で高みを目指し練習に励む選手=新田高

「打てば打つほど上達する」。限られた時間の中で高みを目指し練習に励む選手=新田高

【ボクシング 新田4連覇目指す 団体】

 個人では、ピン級は昨年優勝の武市(新田)を松下(新田)が追う。ライトフライ級は四国新人大会優勝の松本(松工)と全日本アンダージュニア大会を制した1年玉木(新南)が中心の試合展開か。フライ級は矢野(松工定)、バンタム級は落合(新田)が有力。ライト級は昨年覇者の川口(城南)と思い切りがよく攻撃的なボクシングをする紺堂(新田)との熱戦が予想される。ライトウエルター級は今井(新田)に緒方(松工)が挑む。

 団体は4連覇を目指す新田に松山工が続く。

 

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。