ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県テニス協会が主催

第34回母の日テニス大会、16組が参加

2018年5月21日(月)(愛媛新聞)

プレーを通じて絆を強めた母の日テニス大会の出場者

プレーを通じて絆を強めた母の日テニス大会の出場者

 女性による「第34回母の日テニス大会」(県テニス協会主催)が19日、松山市上野町の県総合運動公園であり、テニス仲間や友人らでペアを組んだ16組が汗を流した。

 仲間や家族との絆を強め体力の増進を図ろうと、1985年から毎年開催。今年は小学校高学年から50代までの県内の愛好家が出場した。出場者らは勝利を目指しつつも和気あいあいとした様子でラリーを続け、得点が入るとペアでハイタッチをして楽しんでいた。

 毎年出場している松山市の竹村寿美さん(49)と砥部町の永井真理子さん(56)は「普段とは違う年齢層やレベルの選手と試合ができ、アットホームな雰囲気がいい。子どもや孫と同じくらいの若い選手と試合ができて楽しかった」と喜んでいた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。