ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
818日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

高雄医学大と来月調印

愛媛県立医療技術大、台湾と交換留学 協定

2018年5月10日(木)(愛媛新聞)

台湾の高雄医学大と学生の交換留学に関する協定を結ぶ県立医療技術大=9日午前、砥部町高尾田

台湾の高雄医学大と学生の交換留学に関する協定を結ぶ県立医療技術大=9日午前、砥部町高尾田

 愛媛県立医療技術大(砥部町高尾田)が、台湾・高雄市の高雄医学大と学生の交換留学に関する協定を締結することが9日、分かった。将来の地域医療を担う学生に国際的な視野を養ってもらうことを目指す。6月6日に台湾で調印式を行う予定で、医療技術大が海外の大学と協定を結ぶのは初めて。

 

 医療技術大によると、高雄医学大は医学部や看護学部、薬学部などがあり、臨床検査技師らも養成する私立の医療系総合大学。

 医療技術大からの学生派遣は2019年3月の開始を想定。看護学科、臨床検査学科の3年生各2~4人程度が1~2週間留学する見込みという。高雄医学大からの受け入れについては今後協議する。

 

 医療技術大の橋本公二学長は、高雄医学大と協定を結ぶ理由について高水準の教育、アジアやアフリカなど各地から留学生を迎えていることなどを挙げた。今年3月には学生が事前に高雄医学大を訪問している。

 橋本学長は「(学生には)広い世界を知り、大きな視野で愛媛を見てもらいたい。医療システムや医療保険制度など、日本と海外の違いを知るのは医療人として大切だ」と期待を込めた。

 

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。