ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛OV

個性 冨岡大地

2018年5月4日(金)(愛媛新聞)

小柄さを逆手に取った攻撃スタイルを目指す冨岡大地

小柄さを逆手に取った攻撃スタイルを目指す冨岡大地

 「自分にしか見えないパスコースがあるはずなので―」。身長の低さはハンディか、と問うと、冨岡大地(23)は穏やかな口調の中にもプライドをにじませた。165センチ64キロ。他チームと比べ小柄と言われる愛媛OVでも、殊更に小さく見える。

 チーム最年少。冨岡が試合でボールを持てば、チームメートが立ち上がって声援を送る。チームの「弟」のような存在だろう。長身選手の間をすり抜けるドライブと、全身を使うシュートフォーム。プレー時間は長くないが、見る側にも結果以上の印象を残す。

 広島経済大在学中、bjリーグのチームでプレー。1年間学業に専念した後、今季愛媛OVでBリーガーとしてデビューした。「守備は圧倒的に劣るんですけど」と言うものの、小柄さゆえの速さや目線を生かしたボール運びやパスには手応えを感じたと話す。

 「ベンチではしっかり声を出し、コートに出ればほかの選手と違う強みを見せたい」。一見不利に思える体格も、個性としてチームにアクセントに与えている。

 

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。