ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
926日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

スマの刺し身やヒオウギガイ

首都圏の居酒屋チェーン「魚盛」で愛南フェア

2018年5月2日(水)(愛媛新聞)

 

 飲食店経営会社ダイナック(東京)が首都圏で展開する居酒屋チェーン店「魚盛」で1日、愛南フェアが始まり、夜メニューで愛南町で養殖された高級魚スマの刺し身=写真=やヒオウギガイの天ぷらなどを提供している。31日まで。

 愛南漁協によると、首都圏でのスマの取り扱いは百貨店などの鮮魚売り場が中心で、居酒屋チェーンでは唯一の提供。町内で養殖を手掛ける3業者が2017年度種苗を12月から出荷しており、出荷量は約7千匹の見込み。最高級品「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」の基準に満たない2・5キロ未満の個体に関する問い合わせも多い。ヒオウギガイは町内の57軒が養殖している。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。